スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Posted at |

大物大物!

今更ながら曹操ガンダム&呂布トールギス購入。
孫権若様が未だに手に入らないのがこまりもの。

とりあえず、現状では組む気力が足りないので積み。
土日使って組もうかな。

呂布トールギスの箱に詰まったパーツの量、そしてあのコミックワールドのボリュームには期待を隠せないところ。
スポンサーサイト


303 司馬懿サザビー


司馬懿(しばい)サザビー購入。
演者はサザビー。(久々のガンダム以外のモチーフ)
コミックは“第4話 潜入(せんにゅう) 虎牢城(コロウじょう)!”

脚部が一体成型ではなく3パーツでの挟み込みのため、本体の肉抜きはほぼ皆無
これくらいのボリュームがなければジオンとかあちらサイドモチーフは格好がつかないものが結構いるしね。

しかし、正直頭部に軽装状態があるとは思っていなかったな。
これが地味に嬉しい要素。
(その代わり、首のボールジョイントが緩い気がするけど)

今回も片手(左側)は特殊な握りで、なんかラッパーみたいなカンジ。
今後もこんな風に変わった握りをつけていくのかなぁ。


さて、組み換えで軍師モードと武将モードの切り替えが可能なわけですが…
やっぱり肩アーマーを分解して着け外しするんですよね。

これはもう、各人で後ハメ加工しましょうってことでしょうね。
そのうち別の方法で着け外しするコも出るかもしれないけど、たちまちはやっちゃおう。


302 関羽ガンダム

どんじりに控えしは関羽(カンウ)ガンダム。
演者はZZガンダム。
コミックは“第3話 桃園(とうえん)(ちか)い”

今まで口ヒゲがあるコは結構いたけど、アゴヒゲ…しかも別パーツのコは実に珍しい。

無塗装でも色が結構多彩
正面からみた姿のボリュームは素晴らしい。
これは武器である「鬼牙龍月刀(オーガりゅうげつとう)」の長さも貢献してるね。
…馬上戦闘も視野に入れているのかな?

反面、背面の寂しいこと寂しいこと。(貧ぼっちゃま状態)
肉抜きも背面に集中していて、兜の角&脚部に目立つ大きな穴
まぁ、脚部の方はほぼ平面でカバーできるから楽なほうか。

差し替えで兜の鬼面を下げることができるというギミックとか、細かい心配りが嬉しい
あと、片方だけど付属の手首が少し変わっていて、左手首が前につきだした平手。






で、完成した3体を並べると、やっぱりグッとくるね。
同時発売は正解だったと思わせる。

あとはいいペースで今後も発売されていくかどうかってとこ。

ところで、全キット肩鎧は外れやすく作られてはいるけど、これは後ハメ加工して接着したほうがいいのかね?
キット間での鎧のやり取りを前提にしているみたいだし、やるべきかなぁ。


301 張飛ガンダム

No.順で次は張飛(チョウヒ)ガンダム。
演者はZガンダム。
コミックは“第2話 激突、董卓軍(とうたくぐん)!”

軽装状態は配色のせいでちょっと破牙丸に似てる(笑

劉備と違って基本デザインは左右非対称
各部に小物がついていてなかなか見せるね。
鎧に襟があるという珍しいタイプ。
組んだだけの状態でフル装備にすると、真っ赤になってなんだか埋もれたカンジになるな。

目立つ肉抜きは脚部内側にあるため、角度によってはちょっと気になる。
その代わり、本体には他に大きな肉抜きがないのが救いか。(武器にはあるの)

あと、付属の手首がちょっと変わっていて、左手首は手のひらを見せる形の平手。
右手首は少し下げたカンジの握り手。

これはアレか、各キット間で交換or複製しろってことか。





今までZがモチーフになってる子は馬に縁があったけど、今回は赤兎馬に縁がある関羽の演者がZZだからな。
久々にZと馬が切り離されそうな予感。


300 劉備ガンダム

とりあえず、一日一体ずつ組むことに。
まずは劉備(リュウビ)ガンダム。
演者はRX-78ガンダム。
コミックは“第1話 劉備(りゅうび)三璃紗(ミリシャ)に起つ!!”

基本デザインが左右対称のものだから、説明書なしでもラクに組めるね。
肉抜きも目立つところがちょんまげと脚部の裏側だけだし、素組みでも見栄えがいい。

ついでにいえば、最近のBB戦士は大抵そうなんだけど、“はさみこみ”が極力少なくなってるよね。
旧キットはPCのはさみこみがお子様的に不評だったんだよ、うまくハマりにくいらしくて。

大半のPCはボールタイプだから、はめこむだけな上に首や手首も動いてイイかんじ。
反面、多少ゆるめだったり腰まわりは可動が少なく感じるかな。
(今回は腰鎧が胸鎧と別だから、小さめになってる)

キットの全体的なバランスでいえば、バックパックが豪華な分、全体的に軽装っぽい。
今後のパワーアップを視野にいれれば十分かもしれませんが。

それにしても、これはガンダムマーカー辺りで金色部分を塗装するだけでかなり締まるね。
足の接地も良くて今後のキットにも期待できます。

初回特典(箱にそう印刷されてる)のポスターはなかなかゴージャス。
裏にはときた洸一氏による漫画も。




やっぱりBB戦士にはコミックがあってこそだね。
ちょっとページの多さにびっくりするけど(笑

代わりに設定資料とかが載っていないのが寂しいところ。

■スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。